萬字牌 濃口醬油(キッコーマンの萬印の 本醸造濃い口徳用しょうゆ)KIKOMAN SHOYU

萬字牌 濃口醬油(キッコーマンの萬印の 本醸造濃い口徳用しょうゆ)KIKOMAN SHOYU

(中文)日本料理里最常见的酱油分浓口酱油和淡口酱油。浓口和淡口的区分是在酱油的颜色上。浓口酱油的颜色比较深,应用也比较广泛,几乎所有菜肴和酱汁里都需要。所以现在浓口酱油也成为酱油的最主要品种。没有淡口酱油的情况下,全部可以用浓口酱油代替的。所以浓口酱油的消费量要远远超出淡口酱油。浓口酱油也成为了酱油的代名词!说简单点,浓口酱油相当于中餐里的老抽,淡口酱油相当于生抽!现在的中国,市场上只有少数是酿造酱油,约80%都是配制酱油。所以也自然不适合配合寿司“生吃”了,只能配合炒菜等“熟吃”。而日本,绝大多数都是酿造酱油。酿造酱油含有多种氨基酸,有补充营养、抗衰老、防老年痴呆、抗肿瘤、降血压、杀菌等作用,加入人参、枸杞等做成的药膳日本酱油,更有滋补身体的神奇功效。酱油的主要原料是大豆,大豆及其制品因富含硒等矿物质而有防癌的效果;酱油含有多种维生素和矿物质,可降低人体胆固醇,降低心血管疾病的发病率,并能减少自由基对人体的损害;酱油可用于水、火烫伤和蜂、蚊等虫的蜇伤,并能止痒消肿。(日本语)「濃口醤油」と「淡口醤油」の違いは、色や香りやコクの違いである。江戸時代における濃口醤油の発明はその後の日本料理の発展において重要な役割を果たした。握り寿司、蕎麦、蒲焼、天ぷらといった江戸で生まれた料理は濃口醤油の誕生なくしては存在していなかったと言っても過言ではない。今日の日本料理の代表となっている多くの江戸料理は濃口醤油と密接に関係している。関東東北をはじめとする東北日本では、もっぱら濃口醤油を使うことが多い。そのため、濃口醤油の品質に対する要求が厳しくなった結果、中間的な澄んだ色調で香り高く、旨味に富んだ濃口醤油が発達した。濃口醤油をベースとした蕎麦つゆ[13]や割下が、鍋物やつけ汁としてよく使われる。今日日本料理の代表とされる蕎麦、天ぷら、鰻の蒲焼、握り寿司は、濃口醤油が作り上げた、東日本発祥の食文化である。ダシは濃口醤油に負けないように「削り節」を多く使用する。

商品番号:11-007
原材料名:食塩、脱脂加工大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、果糖、ぶどう糖液糖、
大豆(遺伝子組換えでない)、アルコール
(中文) 鹽、脫脂加工大豆(非轉基因)、小麥、果糖、液態葡萄糖、大豆(非轉基因)、酒精
産地:日本 千葉県
製造者:キッコーマン食品株式会社 KN   (KIKKOMAN CORPORATION)
梱包:18リットル(升)/ドラム缶(鐵桶)
単価:MOP$xxx/ドラム缶(鐵桶)
 
 (有意購買的客人,請致電弊公司銷售部: + 853 2895 6517)
 
萬字牌 濃口醬油(キッコーマンの萬印の 本醸造濃い口徳用しょうゆ)KIKOMAN SHOYU
sougoujietu_2013-12-17_10-56-34
sougoujietu_2013-12-17_10-57-55
sougoujietu_2013-12-17_10-58-33
sougoujietu_2013-12-17_10-59-04
sougoujietu_2013-12-17_10-59-31
sougoujietu_2013-12-17_11-00-15
sougoujietu_2013-12-17_11-00-42
sougoujietu_2013-12-17_11-01-33
sougoujietu_2013-12-17_11-02-26
sougoujietu_2013-12-17_11-03-06
sougoujietu_2013-12-17_11-03-37

相關產品